スマホ故障の備えにワンナンバーフォン

スマホがなんの前触れもなく、突然動かなくなった。
再起動もできず、ウンともスンともいわなくなったのだ。動かなくなる直前にSDカードを取り出して写真をパソコンに移動したのだが、これが悪かったのか……はわからない。

2017年11月からなので、まだ1年半しか使っていない(分割支払いが残っている!)。デザインは気に入っていた。

すぐにショップに行き、代替(だいたい)機(“だいがえ”はまちがい!)生活になった。ゴールデンウィークまであと10日という頃だったので、GW前には修理が上がらないだろうと思っていたら、GW直前にドコモからメールが届いた。さらっと読んで「早く修理が上がってよかった、よかった」と思っていたのだが、よく読むと「お申し出の事象が発生しないので返却する」とのことだった。修理に出したところ動き出したということだ。

面倒くさいことになったと思った。何が悪いのかわからないし、またいつ壊れるかわからない「爆弾スマホ」になってしまったからだ。

がしかし、用心深い性格のわたしは対策を講じていた。代替(だいたい)機(“だいがえ”はまちがい!)生活に入ってすぐ、「ワンナンバーフォン」を購入し、契約したのだ。 これはスマホの子機で、単体では使用できず本体のスマホ契約が必要なのだが、子機とはいっても、固定電話の子機とはシステムが異なり、スマホ本体を自宅に忘れて子機だけ持って北海道に行っても子機で通話とショートメッセージができる。
昨年(2018年)10月に発売されたもので、新聞で紹介された記事を見て気になっていた。そのときは、でっかいスマホで通話をするのはくたびれるのと、通話専用機として使えば、スマホ落下トラブルが避けられるかもしれないなあという程度だった。 ネットレビューは単なる機能の紹介しかなく「こんな場合に役立ちます」という具体的な事例に乏しく、今ひとつピンとこなくて購入に踏み切れなかった。
いま、わたしがはっきり言えるのは「スマホがぶっ壊れたときの保険になる」ということ。商品カタログにはおおっぴらには書けないことだが、使う側にとっては重要な情報だと思う。

電卓のようなシンプルなカタチのスマートフォン。ストラップホールがついているのがいいのだ!

「スマホがぶっ壊れたとき、ワンナンバーフォンがあれば助かる!」と、わたしのように、携帯電話が仕事のライフライン(命綱)になっているひとにぜひお伝えしたい。

もちろん、仕事用の固定電話はある。しかしここにかけてくるのは選挙かセールスか、税務署から書類が間違っていましたという連絡くらいで、日常的な仕事の電話はスマホにしかかかってこない。わたしは一人で仕事をしているので、連絡がとれないだけで失注してしまうかもしれないのだ。大げさではない。

会社員ならば携帯が通じなくても会社の電話に「にゃんと!さんと連絡がとれないのですが……」みたいな電話がかかってくるだろうが、わたしは「携帯がつながらなくなったらアウトォ!」は言い過ぎだろうが、「携帯がつながらないけど、どうしたんですか?」とメールで問い合わせられても、スマホがダメになったら外出先では確認できないし、今どき固定電話に留守電を残すひともいなくなり、一昔前(もっと昔?)みたいな、公衆電話から固定電話の留守電を聞いて改めて連絡する……なんてのは、令和の時代にはないだろう。

ちなみに、ドコモショップでわたしのスマホが返却されたとき、わたしがちまちまと設定したアカウントはキレイに消去され、初期化されていた。
「強制的に初期設定したことが刺激になって復活したかもしれない」というのがドコモの見解だ。このほか「何かのアプリが悪さしているかも」といっていたけど、なんの解決にもならない見解だ。
ワケのわからんアプリもあるし、原因究明はムリなんだろう。仕方ない(と自分を納得させた)。

代替機を使うためにも設定し、自分のスマホが返ってきてまた設定。うんざりしたが、すでにGWに入っていて急ぎの仕事の電話がないであろうことがせめてもの救いだった。

いつ壊れるかわからない爆弾スマホは買い換えるという選択もあったのだが、もうすぐ新機種発売の時期なのでそれを待つことにした。それまでにまたぶっ壊れるおそれももちろんあるのだが、新しい傘やオシャレ長靴を買ったときに雨降りを心待ちにするように、「ああ、ワンナンバーフォンを契約していてよかった!」という状況を経験してみたくて、「また故障しないかな」……とはけっして思っていない。スマホの故障は実にやっかいである。

ワンナンバーフォンは軽いし、落としてもキズもつかないので、道ばたでも安心して話ができる。昔なつかしストラップホールがあるので落下の危険性も少ない。ただ、電池の持ちがあまりよくないようで、連続通話は2時間くらいしかできないようだ。
ま、長電話もいまや昭和の遺物だ。ホントに今どきないよね、長電話。