日曜始まりの手帳を買った(目指すは軽量化)

2019年10月30日、2020年の手帳を買った。去年は10月半ばには買っていたので半月ほど遅い(←不要な情報と思われるだろうが、伏線である)。
買ったのはコレ↓。

伊東屋オリジナル手帳 片面1週間 【日曜始まり】

これを読む前に以前に書いた2つの記事をご覧になると、より楽しめます(PR)。



わたしは関西に住んでいるが伊東屋は関西にも複数出店しているので実物を見て、実店舗で買った……のだが、実は、去年(2018年)12月に東京出張に行った際に、銀座・伊東屋でチェックしていたのである。そのとき、今年(2019年)の手帳はこれにしようかと思っていたのだが、去年は10月半ばには手帳を買い、オリジナル仕様にチューンナップしたものを11月8日にブログに上げたので、12月には仕上がっていたのだ(←ココ、伏線の回収)。
せっかくつくり上げたものをボツにするのはもったいないので、何も買わずに銀座・伊東屋を後にしたのであった。
その思いは消えることなく、結局1年経って伊東屋の手帳を買うことになった。心は決まっていたのだ。

わたしの手帳のテーマは以下の4つ。
●日曜始まり
●複数の案件を並行して管理
●予定管理よりは実績管理(何をしたか)
●メモ用のノートは別持ち
これらをノートカバーで2冊をまとめることで機能させていたのだが、最近は重さが堪えるようになり、2020年の手帳のテーマには軽量化も加わった。しかしだ。実際に計量してみると、手帳自体の重さの差というより、ごちゃごちゃと種々雑多なものを持ち歩いていることがよ~くわかった。

↑いま(2019年)仕様のスケジュールとノート(ノートカバーにセット)。549グラム。
↑さらにペンケース、ワンナンバーフォン、どんなときもWi-Fiを持つ。合わせて924グラム。
↑遠出の仕事で電車に乗る時間が長く、スマホをいじくる時間が長くなりそうな際はさらにモバイルバッテリーをプラス。合わせて1074グラム。
↑パソコンを持って行くときはマウスも持つ。合わせて1134グラム。これに約1キログラムのパソコンが加わるので、オソロシイ重さに。

さらにさらに紙の資料も加わる。自分が持って行くこともあれば、打合せ先でもらって帰ることもある。カタログなんぞを資料にもらった日にたまらない。紙の資料が多くなるとタクシーに乗ることも多い(もったいないけど)。夏場はさらにお茶のボトルを持ったり・・・・・・。とにかく荷物が多すぎる。

↑軽量化をはかった2020採用の手帳は単体で111グラム。
↑ノートと合わせて210グラム。このくらいならガマンできる重さ。
↑ワンナンバーフォン、どんなときもWi-Fi、ペンケース、モバイルバッテリー、パソコンマウスの「ぜんぶのせ」で796グラム。2019年スタイルとの差は338グラム。
↑忘れてはいけないスマホ。スマホで写真を撮っていたので入れられなかったのだが、177グラム。2020年も「ぜんぶのせ」だと973グラムとパソコンの1キロを持ち歩くことに。

昔は水筒なんて持ち歩かなかったし、携帯も軽かった。その分革の表紙の重たいシステム手帳を持っていたが、今ほど重くはなかったろう。しかしよ~く思い起こしてみると昔は一眼レフカメラを持つことも多く、予備のフィルムも持っていた。
結局わたしの仕事はいつの時代も荷物の多い因果な商売なのだろうか。

肝心の手帳の中身の使い方については次回に続く。