今がいちばん日が長い

厳密には、夏至が一番日が長い日だが、さらに厳密に言えば夏至を境にどんどん日が短くなっていく。夏の夜は今日、5月25日より早く訪れる。
5月がさわやかなのは、夜7時を過ぎても明るいからではないだろうか。
今年は梅雨が早いというのか(わたしは案外、6月になったら快晴が続くと思っているが)、5月なのに雨が多くて残念だ。

18時50分に撮影したうちの窓から見た風景。空が明るい。


明るい時間が長い方が、気持ちも明るいような気がする。
くだらない緊急事態宣言で、1年にわずかしかない「明るい夜」すら楽しめない。夏の夜は早く暗くなるのだから。
昼が長い間に、あと1カ月しかないが、なんとかふつうの、本来の、日常に戻ってほしい。